野菜:カテゴリー

スポンサード リンク

なすの味噌炒め

なすの味噌炒め夏に美味しいお野菜「お茄子」を使った定番料理:なすの味噌炒めも無水鍋なら簡単に作れます!


材料(4人分):
なす(薄切り)・・・・・4本
ピーマン(乱切り)・・・・・4個
青じそ・・・・・6枚
みそ・・・・・大2
砂糖・・・・・大4
サラダ油・・・・・・適量


所要時間:
10分


簡単無水鍋レシピ:

無水鍋なす味噌炒めの作り方1 無水鍋なす味噌炒めの作り方2

1.(なすびはあく抜きしません)
2.大フライパンの無水鍋に、少量のサラダ油を熱し、なすを炒めしんなりしたら、ピーマンを加え炒める。
3.なすとピーマンに火が通ったら、みそと砂糖を加え、最後に青しそを加え、ひと混ぜする。


料理のポイントやコツ:
お味噌の量は、ご家庭の味付けで調整してください。



かぼちゃもち

かぼちゃもちおもちのようなおいしさのかぼちゃもち。
おかずはもちろんのこと、ビールのおつまみにもどうぞ!


材料(4人分):
かぼちゃ・・・・・1/4個
片栗粉・・・・・大10
牛乳・・・・・大10
砂糖・・・・・大3
しょうゆ・・・・・大2
水・・・・・大2
サラダ油・・・・・小2


所要時間:
30分


簡単無水鍋レシピ:

かぼちゃもちの作り方1 かぼちゃもちの作り方2
かぼちゃもちの作り方3 かぼちゃもちの作り方4

1.かぼちゃを火の通りやすい一口大の大きさに切り、蒸しつぶす。
2.1.に片栗粉、牛乳を加えよく混ぜる。
3.一口大に分け、ハンバーグのように薄い小判状に整える。
4.大フライパンに少しの油をひき、3~5分両面を焼く。
5.砂糖、しょうゆ、水を混ぜフライパンで温め、タレを作りからめる。


料理のポイントやコツ:
お好みのタレでお召し上がりください!



トマトと玉葱のスープ

トマトと玉葱のスープトマトが美味しい季節になりましたね。
生のままでトマトをを食べるのに飽きたら、ぜひお試しください。
今回は重ね料理でスープと同時に中華茶碗蒸しを作りました。


材料(4人分):
玉葱・・・・2から3個
トマト・・・・・2から3個
コンソメ・・・・・2個

コショウ
お水・・・・※お好みで野菜から出る水分のみでもよいです

青シソ・・・・適量


所要時間:
30分

無水鍋のトマトと玉葱のスープ 簡単無水鍋レシピ:
1.フードプロセッサーでカットした玉葱を炒めてから、串切りしたトマトとお好みでお水とコンソメを入れて煮る。
2.最後に青シソを散らしていただく。


料理のポイントやコツ:
スープの塩分はお好みで調節してください。



温野菜とポン酢のディップ

温野菜とポン酢のディップ野菜が美味しい季節におすすめな一品です。できれば有機野菜などを使い皮ごといただきましょう。 また今回は、ポン酢のディップです。これも覚えておくと他の料理に使えます。


材料(4人分):
お好みの野菜
かぶ 玉葱 人参 キャベツ

ポン酢ディップ
ポン酢・・・・・140cc
植物油・・・・・50cc
玉葱・・・・・半分


所要時間:
30分


簡単無水鍋レシピ:
無水鍋で作る温野菜とポン酢のディップ1 無水鍋で作る温野菜とポン酢のディップ2
無水鍋で作る温野菜とポン酢のディップ3 無水鍋で作る温野菜とポン酢のディップ4

1.野菜を適当な量のお水を加えて蒸す。
2.フードプロセッサーにディップの材料を入れて混ぜる。
3.温野菜をつけていただく。


料理のポイントやコツ:
できるだけ新鮮なお野菜をお使いください。



チキンダジン

無水鍋で作るチキンダジンモロッコ料理のチキンダジンに挑戦しました!
材料をお鍋にいれて調味料をふりかけ簡単に出来上がります。
異国情緒のお味をお楽しみください。


材料(4人分):
鶏モモ肉・・・・・1枚 一口サイズに切る
ジャガイモ・・・・・2個 皮をむいて輪切りにする
人参・・・・・1本 皮をむいて輪切りにする
ズッキーニ・・・・・1本 輪切りにする
玉葱・・・・大1個 輪切りにする
トマト・・・・・1個 輪切りにスライスする
パプリカ・・・・・1個 他の野菜に合せて切る
パセリ・・・・適量

調味料
オリーブオイル・・・・・大さじ1杯
コリアンダー・・・・・大さじ2杯
クミン・・・・・小さじ1杯
サフラン又はターメリック・・・・・1つかみ
塩・・・・・・小さじ1


所要時間:
40分

簡単無水鍋レシピ:
チキンダジンの作り方1 チキンダジンの作り方2

1.平らな無水鍋に鶏肉の皮を下にして入れ、上から順に野菜とオリーブオイル大さじ1杯を入れる。
2.その他の調味料をいれ、蓋をして中火で加熱。蒸気が出たらとろ火にして約15分。
3.パセリを散らして、全体を混ぜてイタリアンパセリ又はクレソンを添えて盛り付ける。


料理のポイントやコツ:
お味の濃さは、お好みで調整してください。




Page: <<前の5件  1 < 2 < 3 < 4 < 5 < 6 < 7 < 8 < 9 < 10  次の5件>>

スポンサード リンク

フィード